【2018】インフルエンサーマーケティングの料金相場と費用対効果

インスタグラムのユーザー数が拡大し、インフルエンサー、インスタグラマー、インスタ映えといった言葉が広がるにつれて、インフルエンサーマーケティングのご相談も日に日に増加しています。

そこで今回はインフルエンサーマーケティングにはどれくらいの金額がかかるのか、導入による費用対効果はあるのか、といった点をご紹介します。

f:id:zeroxeed-marketing:20180508094327j:plain

<本記事の目次>

インフルエンサーマーケティングを実施する方法

インフルエンサーマーケティングを行う際には下記のどちらかの方法でインフルエンサーを集めることになると思います。

  1. 自社の顧客やユーザーに直接依頼する
  2. 代理店やインフルエンサープラットフォームを活用する

marketing.zeroxeed.co.jp

今回は2の代理店やインフルエンサープラットフォームを活用した際に必要な費用や効果について考えてみたいと思います。

 

インフルエンサーマーケティングでよくある手法

インフルエンサーマーケティングというと思いつくのは、商品を顔の近くに持ってインスタグラムにアップするというよくあるパターンですが、それだけでなくその他にもいろいろなパターンがあります。

商品をプレゼントしてSNSへ投稿

⇒これは一般的な手法で、商品をインフルエンサーに送ってその商品をSNSへアップしてもらうものです。

商品を実際に購入してSNSへ投稿

⇒インフルエンサーに実際に商品を購入してもらってそれを投稿してもらうものです。インフルエンサーが購入をする必要があるので全国に流通しているような商品で使われます。

SNSへの投稿をするだけ

⇒形のないサービスの宣伝や、イベントやキャンペーン告知、アプリダウンロードなどに活用されます。インフルエンサーは投稿をするだけなので最も手間がかからないもので、なかには「Twitterでリツイートする」といったメニューもあります。

イベントへ参加しSNSへ投稿

⇒パーティーやイベント、体験会、座談会などに参加してもらいその様子をSNSにアップするものです。

 

インフルエンサーマーケティングの料金相場

インフルエンサーマーケティングの費用は基本的にフォロワー数で計算することが多くなっています。1フォロワーあたりで計算すると3円〜8円程度の金額で行なっているところが多く、平均にすると5円程度でしょうか。代理店はここにコミッション(手数料)を10%〜30%くらいで設定して販売することが多くなっています。ですので1万人のフォロワーがいるインフルエンサー1人であれば5万円程度、1万人フォロワーを50人集めると250万円程度の金額になります。

多くのサービスでフォロワー数に応じた課金プランを設定していますが、なかにはユーザーのいいねやコメント、リツイートといった実際のエンゲージメントに対して課金するようなサービスも出てきました。

 

代理店に依頼するメリットとデメリット

インフルエンサーマーケティングを扱っている企業には「マッチングプラットフォーム」と「代理店」の二種類が存在します。弊社も代理店のひとつです。代理店はクライアントへの提案や契約をしますが、実際には複数のマッチングプラットフォームやサービスを活用することでインフルエンサーをアサインします。

できるだけ費用を抑えたい、インフルエンサーを含めたマーケティングに知見があるという場合は「マッチングプラットフォーム」と直接契約をするほうがよいこともありますが、一方代理店を活用するメリットとしては、

  • 複数プラットフォームの活用による質の向上
  • 他施策を含めた全体のマーケティングプラン策定

といったことが期待できます。

 

インフルエンサーマーケティングの費用対効果

インフルエンサーマーケティング施策のゴール

費用対効果をどこに設定するかにもよりますが、短期的な売上であれば難しいかもしれません。認知を目的とした場合は、インフルエンサーの選定と投稿内容が正しければ十分な費用対効果が期待できます。インフルエンサーマーケティングは獲得の施策ではなく認知やブランディング、購入後押しの施策と位置づけるべきです。

 

コンバージョン獲得には向いていない?

「インフルエンサーマーケティングやったらどれくらい購入や売上が増えるか?」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、一般的にインフルエンサーマーケティングは獲得の施策には不向きです。インフルエンサーマーケティングで成功したように見える商品やサービスも全体の設計がしっかりと行なわれていて、インフルエンサーマーケティングにおいて認知から購入までのフローのどの部分にどのような効果を出したいのか設計する必要があります。

 

記事のまとめ

費用や単価は代理店やプラットフォームによって様々

フォロワー数や金額はひとつの目安でありフォロワー1人あたりの単価が安ければいいというものではありません。依頼先を検討する際には御社がインフルエンサーマーケティングによって達成したい事項を理解した上での提案ができているかを見極める必要があります。

 

すぐ買う客を狙うものではない

今すぐに買ってくれるお客さんを探すのであれば他に効果的な手法があります。流行りだからという理由ではなく、インフルエンサーマーケティングで達成したい事項を明確にしておくことが成功に繋がるポイントです。

 

効果が出るかはインフルエンサーの選定と依頼の仕方による

インフルエンサーマーケティングの効果は実施する/しないではなく、誰がやるのかに大きく依存します。インフルエンサーを選定する際にはフォロワー数の大小ではなく、「そのインフルエンサーのフォロワーは自社がアプローチしたいユーザーか?」「インフルエンサーと商品は本当にマッチするのか?」「インフルエンサーは心からおすすめしてくれるか?」のあたりを意識すると失敗が少なくなると思います。

 

インスタグラムにおけるインフルエンサーマーケティングでは多くの場合受け皿となるアカウント運用が必須になるのでこちらの記事もどうぞ👇

marketing.zeroxeed.co.jp

marketing.zeroxeed.co.jp

 

docs.google.com