工務店のネット集客において新聞折り込みチラシとインスタグラムはどちらが有効か

弊社で多くの工務店やハウスメーカーの集客をお手伝いするなかでソーシャルメディア、最近では特にインスタグラムの活用についてのご相談を頂くことが多くなってます。

新設住宅着工戸数は年々減少し、今まで主流だった新聞折り込みチラシやポスティングの効果も徐々に低下しているという状況においても、販促活動をネットにうまくリプレイスできている企業様では問い合わせや契約数は増加傾向にあります。 

今回は注文住宅を手がける工務店における、新聞折り込みチラシとインスタグラム運用を比較考察してみました。

<目次>

 

新聞チラシとインスタグラムの可能リーチで比較

見学会やイベントの開催時に新聞の折込チラシを活用する工務店は多いと思いますが、この反応率が年々低下しています。なかには1回50万円の費用をかけて折込チラシを行っても来場者が1〜2組ということも稀ではありません。看板は人が通るところに設置しますし、テレビは数千万人が視聴するので広告費は高くなります。。ターゲットのいるところで広告を行うというのは当然のことですよね。

 

若年層に新聞は読まれていないのか?

「新聞の購読率は若年層を中心に年々低下している」と言われていますが、実際に20〜30代の新聞購読率はどれくらいなのでしょうか。

<新聞の行為者率>

年代

10代

20代

30代

40代

行為者率

2.1%

6.7%

18.2%

27.8%

参考「平成28年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」http://www.soumu.go.jp/main_content/000492877.pdf

「新聞の行為者率」とは調査で「新聞を読む」という項目にチェックがついた回答者比率のことで、調査指定日に「新聞を15分以上読んだ」人の割合のことを指しますので、新聞が家に届いている数字ではなく実際に読んでいる人数の割合です。20〜30代で新聞を読んでいるのは人口の約10%で、このなかでさらにチラシを目にする人となると全体の3%程度まで下がることが予想できます。

ちなみに年代が低下するにつれて行為者率は下がるのですが、このままの推移が続くと10年後には40代以下の新聞読者はほとんどいなくなります。

 

インスタグラム(Instagram)は本当に使われているか?

「インスタグラムのユーザー数が増えている」というのはニュースや雑誌でもよく目にしますが、こちらも本当か確かめるために総務省の「平成28年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」で確認してみました。 

 <インスタグラムの利用率>

年代

10代

20代

30代

40代

利用率

30.7%

45.2%

30.3%

16%

インスタグラムの利用率は20代では45%、30代では30%となり、そのうち女性ではもう少し高くなります。現時点で10代でも30%ありますので、数年後には20〜30代の利用率では50%を超える可能性も十分にあります。

 

年代別ソーシャルメディアと新聞の行為者

下の表はインスタグラム以外にもLINEやTwitter、Facebookなどのソーシャルメディアと新聞の行為者率を年代別に表したものを折込チラシを配布する手順、金額やその手続きについて(2017年2月版)から引用させて頂きました

f:id:zeroxeed-marketing:20180620110004j:plain

参考:折込チラシを配布する手順、金額やその手続きについて(2017年2月版)

新聞も50代以上をターゲットとしたリーチには有効な手段ですが、40代以下をターゲットとするのであれば非効率であることは明らかです。これらの調査データは平成27〜28年のものになりますので、現在ではより進んでいることが容易に予想できます。

 

チラシとインスタグラムを金額で比較

新聞折り込みチラシの金額相場は1枚3〜5円なので10万世帯に配ろうとすると1回30万円〜50万円となります。10万世帯に配布したとしてもそのうちの20〜30代世帯は10%程度と予想されるので、30〜50万円の広告費用で約1万リーチくらいでしょうか。そのなかでチラシを見る人で考えるとさらに数は小さくなります。一方インスタグラムは手法や運用内容によってかなり差があるので一概には難しいのですが、10万人にリーチしようとすると20〜30万円程度でも可能です。

よってターゲットの認知を獲得するといったことのみを考えると、インスタグラムなどのネットの広告のほうが10倍程度効率的であることが予想されます。

またインスタグラムなどのソーシャルメディアのメリットはチラシと違ってフォロワー(ファン)が蓄積されるメディアなので、最初の1年間費用をかけても中長期で回収が見込めるという点もあります。

marketing.zeroxeed.co.jp

 

しかし場合によってはチラシが有効な場合もある

閲覧する人では圧倒的に少ない新聞チラシですが、全く効果がないわけではなく使い分けが重要です。住宅購入検討者の契約までのファネルと効果的なweb施策を簡単な図にしました。

f:id:zeroxeed-marketing:20180620113113p:plain

新聞折り込みチラシのメリットとしては「紙という物体が存在することで家庭内の複数人で共有しやすい」ということではないでしょうか。これが「ちょうど家探しを検討していて見学会やイベントに参加しようと考えていた人」に届けば来場の促進には効果的です。そのために「SNSなどのネットメディアを認知に活用して、チラシで行動を促す」といったような全体の戦略を組む必要があります。

 

まとめ

・新聞チラシでリーチできるのは若年層の3%程度

・主戦場はネットに置き換わっている

・チラシも使い方次第ではまだ有用(かも)

 

工務店様での体感として「チラシの反応が悪くなっている」というのはデータからも明らかです。今後数年でプロモーションにネットをうまく使えた企業とそうでない企業での差は圧倒的なものになりますので、webの施策がいまいち進んでいないという企業様は一度ご相談ください。

 

この記事を読んだ方にはこちらもおすすめ👇

marketing.zeroxeed.co.jpmarketing.zeroxeed.co.jp

 

お問い合わせはお電話(03-5436-6455)またはこちらのフォームから👇

docs.google.com