SNSのハッシュタグ検索とは?リアルなユーザーの使い方と企業の活用法

f:id:zeroxeed-marketing:20180821153814j:plain

「ハッシュタグ検索」という言葉も随分と世の中に浸透してきました。InstagramやTwitterなどのSNSを日常的に使用している人は当たり前に「ハッシュタグ」を検索する際の手段として使っています。特に、若年層ではググるよりもハッシュタグ検索でまずは確認することが主流となっています。
そこで今回はハッシュタグ検索を使ったことがない、使ったことはあるけどいまいち効果が分からないという方にハッシュタグのもたらす効果とその活用法をご紹介します。

 ハッシュタグ検索とは?

まずはハッシュタグの定義から

ハッシュタグとは、SNS上でユーザー投稿のタグ(付箋)として用いられる、ハッシュマーク(#)が付いたキーワードのこと。「#fashion」「#ランチ」など日本語や英語のワードと自由に組み合わせることで、投稿内容が何に関するコメントなのかを一言で表すことができる。同じハッシュタグごとに他ユーザーの投稿を一覧で表示することもできるため、特定の話題や同じ興味・関心を持つユーザーの投稿を効率よく閲覧することが可能

ハッシュタグを付けることによってその投稿が検索に表示されやすくなり、拡散性が高まります。有名なインスタグラマーもテキストよりもハッシュタグの方が多い傾向にあるのはその理由からです。Instagramで日本一のフォロワー数を誇る渡辺直美さんもハッシュタグをしっかりと活用しています。

f:id:zeroxeed-marketing:20180821113926p:plain

Instagramの場合

Instagramでは自分の経験を共有するためにハッシュタグが使われる傾向にあります。多いのは場所や商品のタグです。ハッシュタグの数は30個までで、それ以上貼り付けた場合はコメントができなくなります。ハッシュタグもたくさんある方が拡散性が高まるのはもちろんなのですが、例えば企業が投稿する場合にタグが20個以上になっていると本当に伝えたい情報が薄れてしまう為、ネガティブ要素になってしまう例もあります。またある調査結果で一番最適なハッシュタグの数は11個ということが報告されています。

Twitterの場合

Twitterでは、Instagramと異なりニュースや今流行っているもの、テレビなどのトレンドが共有される傾向にあり、トレンドのハッシュタグはトップ画面に表示されたりします。実際に自分が体験したものよりも面白いものを共有するためにタグ付けする傾向にあります。またハッシュタグの数も2個がベストと公式でも発表されており、10個以上タグ付けしているアカウントはあまり見たことがありません。ハッシュタグをつけていないツイートに比べ、ハッシュタグがついたツイートはエンゲージメントが2倍以上となる結果がでているので基本的にはハッシュタグを付けた方がいいということになりますね。

検索結果でいかに目立つか

私はよくランチの場所をInstagramでハッシュタグ検索します。例えば「#原宿ランチ」で検索すると以下のようになります。

f:id:zeroxeed-marketing:20180821133608j:plain

白い何かの上に卵が乗った投稿が目立っていますね。これは白いキーマカレーで若者の間で流行っています。平日でも1時間並ぶみたいです。実際にこのお店のInstagramアカウントはなくユーザーが投稿したハッシュタグで拡散された例です。お店の名前のハッシュタグだけで7,830件ありました。これはすべてユーザーが体験した口コミなんです。

「#原宿ランチ」で検索した際に同じ商品が複数あると自然と行きたくなりますよね。この例でも分かるようにInstagramでは写真のインパクトが強い商品に注目が集まります。俗にいう「インスタ映え」ですね。ハッシュタグ投稿をするInstagram ユーザーは「おしゃれな経験」をシェアしたいのです。Instagram ユーザーの行動フローは以下になります。

「#原宿ランチ」で検索→インスタ映え写真の多いお店を選択→お店に来店→ハッシュタグをつけて投稿→また他のユーザーがハッシュタグを見て来店

このサイクルが回り出すと勝手に拡散されていきます。まずはユーザーがハッシュタグをつけて投稿したいと思うような写真を定期的に更新していくことから始まります。

Twitterの場合はどうでしょうか。

f:id:zeroxeed-marketing:20180821152009j:plain

Instagram と違って面白いネタ、もしくは世間で話題になっているワードがハッシュタグとしてどんどんリツイートされ拡散されて行きます。

 ハッシュタグキャンペーンで失敗しないコツ

まず、ハッシュタグキャンペーンとは

"指定されたハッシュ タグをつけて TwitterやインスタグラムなどのSNSに投稿すると参加できる キャンペーンのこと"

以下の記事でもハッシュタグキャンペーンについて事例で紹介しています👇

marketing.zeroxeed.co.jp

ハッシュタグキャンペーンを成功させる秘訣は、ユーザーがいかに「周りに共有したい!」と思わせる情報を提供できるかということに尽きます。また、InstagramやTwitterなどのプラットフォーム全てで告知することです。知名度が低い場合などは潔く、広告を使ってしまった方が失敗で終わることを回避できます。インフルエンサーを使うのも一つの方法ですがいかにもお金をもらって告知しているんだなと思われないような工夫が必要です。

まとめ

ハッシュタグ の活用法について理解を深めていただけたでしょうか。SNSでの拡散を狙う場合にハッシュタグは一番のツールとなります。現在の主流として「このお店気になる」「この商品ってどうなんだろう?」と思った際にまず、SNSのハッシュタグ検索で口コミを検索します。その際にどんどん拡散されるような仕組みをつくるためには

・プラットフォームごと(Instagram、Twitter)の特性を理解する

・Instagramの場合はインパクトのある画像や動画が効果が高い(競合他社との差別化できるサービスや商品であるか)

上記は全てSNSでの拡散を狙う際には必ずクリアしないといけない条件になります。

その他おすすめの記事👇

marketing.zeroxeed.co.jp

marketing.zeroxeed.co.jp