【2018年】日本国内のピンタレスト広告状況とその他活用法を紹介

※2018年9月に追記・編集

f:id:zeroxeed-marketing:20180719175938j:plain

前回はピンタレストの活用法、基礎知識をお話しました。
今回はピンタレストでは広告配信できるのか、ビジネスでの活用法について解説したいと思います!

<目次>

Pinterest(ピンタレスト)って広告配信できるの?

企業の8割がFacebookを利用している現在、ピンタレストでも広告配信できるのか気になりますよね。「ピンタレスト 広告」で検索してみてもしっかりとした情報がでてきません。結論から言うとピンタレストの広告配信を日本で行うことは現時点(2018年7月)では出来ません。
現在ピンタレスト広告を利用できる国は以下のみとなっています。

・アメリカ合衆国
・カナダ
・イギリス
・アイルランド
・オーストラリア
・ニュージーランド

日本においても段階的に導入されることが予想されますが、現状では広告配信を行うことはできません。ピンタレストの広告配信はできませんが、ピンタレストを活用してビジネスを拡大することは可能です。
国内で法人アカウントを使用している企業様でもピンタレストの機能をしっかりと使いこなせている企業様は多くありません。成功事例としても多くが出回っているというわけではありませんが、参入企業の少ない今がチャンスとも言えます。

ピンタレストをビジネスで活用する方法

ピンタレストの基本的な使い方に関しては前回の記事でまとめました。

Pinterest(ピンタレスト)とは?使い方と企業での活用法を紹介【保存版】 - zeroxeed Marketing Blog ピンタレストをビジネスで使用するために、まずは法人アカウントで使えるアナリティクス機能の導入方法をご説明します。

ピンタレストアナリティクス導入方法、活用方法

Pinterestには一般アカウントとビジネスアカウントの2種類があります。Pinterestアナリティクスを使えるのはビジネスアカウントのみです。

【ビジネスアカウント登録法】

法人登録はこちらから可能です。

f:id:zeroxeed-marketing:20180720114733j:plain

メールアドレス、パスワード、ビジネス名、業種、サイトURLの入力のみでビジネスアカウントへの変更は完了します。

f:id:zeroxeed-marketing:20180720134128j:plain

f:id:zeroxeed-marketing:20180720134641j:plain

続いてプロフィール画面からピンタレストアナリティクスの登録を行います。

f:id:zeroxeed-marketing:20180720143255j:plain

 

「ウェブサイトを確認」を選択します。

f:id:zeroxeed-marketing:20180720144055j:plain

タグをコピーして、ウェブサイトのindex.htmlファイルの<head>セクションに貼り付けます。

f:id:zeroxeed-marketing:20180720144812j:plain

以上で完了です!これで下記のようなことが可能になります。

・プロフィール分析を活用してピンとボードの作成方法を向上
・保存ボタンがどのように使用されているかを分析してユーザーの動向を把握
・ピンがどのように活用されているか
・ユーザーにどのピンが人気か
・アクションを起こしてくれたユーザーの興味があること
・サイトをピンしてくれたユーザーの情報

ウェブサイトにタグを設置することで把握できる情報が格段に増えますので、自分では操作方法がわからない方もwebサイトの管理者に相談してみてください。

ピンタレストのツール活用方法

ハッシュタグ 

インスタグラムやTwitterと同様にピンタレストにもハッシュタグがあります。ピンの説明部分にハッシュタグを追加することが可能です。
f:id:zeroxeed-marketing:20180720165506p:plain

ハッシュタグを設定することによって、ハッシュタグ経由のユーザー流入が期待できます。また、画像や投稿の内容をピンタレストに正しく伝えるといった点でもハッシュタグの設定は有効です。

アイテムタグピン

アイテムタグピンはインスタグラムの購入ボタンとほぼ同じ機能になります。アイテムタグピンが設定されているとピン画像の中にアイテムを示す白いドットが表示されます。ユーザーは気になるアイテムを見つけたら、このドットをクリックことで、そのアイテムの詳細を確認することができます。

f:id:zeroxeed-marketing:20180720170850p:plain

とても便利な機能なのですが、こちらの機能を使用するためには"ウェブサイトのタグの埋め込み"が必要になります。

リッチピン

リッチピンでは通常のピン(投稿)よりさらに詳しい情報を記載することが可能になります。リッチピンには「アプリピン」「プロダクトピン」「レシピピン」「リーディングピン」の 4種類が存在します。リッチピンの使用はタグの埋め込みとピンタレストへの申請が必要になりますので詳しくはこちらを参照ください↓

ウェブサイトでリッチピンを有効にする | ヘルプセンター

今回はリッチピンを使ってどの用なことができるのかといった点を説明します。

①アプリピン

アプリピンにはアプリのインストールボタンが表示されるので、ユーザーは Pinterest を離れることなく直接アプリをダウンロードすることができます。現在アプリピンは iOS アプリでのみ利用できます。

f:id:zeroxeed-marketing:20180720174608j:plain

 

②プロダクトピン

プロダクトピンを使用することでユーザーの購入を促すことが可能になります。プロダクトピンには、リアルタイムの商品価格や在庫状況、購入先などの情報を含むことができます。

f:id:zeroxeed-marketing:20180720174905j:plain

 

③レシピピン

レシピピンには、材料、調理時間、分量など料理に必要なすべての情報が掲載できます。

f:id:zeroxeed-marketing:20180720175024j:plain

 

④リーディングピン 

リーディングピンを使うと、ユーザーは興味のある記事を簡単に保存することができます。すべてのリーディングピンには見出し、著者名、記事の説明が表示できます。

成功事例:BuzzFeedの解説

BuzzFeedのピンタレスト成功事例がありましたので確認してみます。

f:id:zeroxeed-marketing:20180723102616j:plain

Pinterest によりトラフィック増加が大幅に加速

PinterestはBuzzFeedのSNSの中でも2番目に大きな参照元です。それに、他のSNS に比べるとライフサイクルが長く、数か月前に投稿した記事へのトラフィックにも結びついています。実際Pinterestから誘導されたBuzzFeedへのトラフィックのうち、半数以上は2か月以上前に投稿した記事にアクセスしています。Dao Nguyen BuzzFeed の成長 / データ部門副部長

BuzzFeed | Pinterest Business

BuzzFeedではピンタレスト経由のアクセスがSNSの中で2番目であるということです。ピンタレストはインスタグラムやTwitterよりトラフィックを生みやすいということが言われています。Facebookにおいて特に企業アカウントのリーチ数が減少傾向にあることからもピンタレストが注目される理由のひとつとなっています。またSNSにおいてバズると言われるような一過性の流行りではなく、継続的にアクセスが発生しているというのも他のSNSとは少し異なる点です。

ピンによるトラフィックの増加は驚異的

一番保存されるピンが、一番トラフィックを増加させるとは限りません。思わず笑ってしまうピンなど、一部のピンはアピール力が強いので読者はすぐにクリックして投稿の続きを見ます。後で保存されることもあれば、されないこともあります。一方、食べ物や旅先の美しい写真などのピンは数多く保存されますが、読者が実際にアクセスするのはもっと後です。

ピンの保存数とトラフィック数は比例しないということです。ここはアナリティクスを確認しながら保存やトラフィックの数値を追っていくことが重要です。

試行錯誤が不可欠

BuzzFeedでは、フード、DIYクラフト、ヘア・ビューティー、ホーム、フィットネスなど、Pinterest で人気の高いカテゴリの関連記事はもちろん、本、ディズニー関連の記事、ユーモアといった他のカテゴリにも、訪問者は興味を示すことがわかりました。実際、PinterestでのBuzzFeed の記事の上位100件のうち、実に30%以上がおもしろネタの記事へのトラフィックなのです。

ピンタレストの事例を探してみるとインテリアやメイク、グルメ、ファッションが多いのですが、それ以外のジャンルでも活用が可能ということです。 

モバイルからもピンしやすいコンテンツ作り

BuzzFeedの読者は、気に入った記事をPinterestでシェアすることを好む人が多いため、サイトに「保存ボタン」や「フォロー」ウィジェットを埋め込み、読者が簡単にピンできるようにしています。

PinterestからBuzzFeedにアクセスする訪問者の77%はモバイルユーザーです。そのため、モバイルサイトの読み込みをスムーズにし、デスクトップサイトと同じように簡単に保存できるよう、モバイルサイトを最適化しています。

ピンタレストを積極的に活用するならばウィジェットの設定やモバイルへの最適化が重要です。少しの工夫でピン数を何倍にもすることが可能です。

まとめ

ピンタレストでは現段階では広告配信を行うことはできませんが、その他通常の運用でも様々な活用法があることがわかりました。国内では他SNSほどの成功事例が出ていない状況ですので各機能において試行錯誤が必要になりそうです。しかし今チャレンジすることで優位なポジションを獲得することも可能です。広告が始まっていない今だからこそ丁寧な運用で差を付けたいものです。 

ピンタレスト関連こちらの記事もおすすめ👇

marketing.zeroxeed.co.jp

marketing.zeroxeed.co.jp