動画マーケティングは大企業が有利?お金とリソースをかけずに効果を出す方法!

f:id:zeroxeed-marketing:20180810123309j:plain

動画マーケティングの急速な普及

近年動画マーケティングという言葉に注目が集まってきています。

その背景にはスマートフォンの利用時間が増えたことや利用内容の多様化、またYoutube、Facebook、InstagramなどのSNSが急速に普及したことも要因となっています。

SNSの普及とともに動画マーケティング市場も伸びており、多くの企業が動画を広告に使用しています。

動画広告というと制作に費用がかかるイメージがあり大企業向きだと思われがちですが

中小企業でも費用をかけずに動画マーケティングに取り組むことができます。

動画マーケティングはどのフェーズで有効なのか

動画マーケティングは「認知、興味関心、検討、購入」どのフェーズにも効果があります。

f:id:zeroxeed-marketing:20180803105420j:plain

フェーズごとに用意すべき動画は変化しますが、大企業ではよくブランディング目的でCM動画を様々なプラットフォームでも配信しているのをよくみかけますよね。

 

f:id:zeroxeed-marketing:20180803111354j:plain

スキンケアブランドのSKⅡはFacebook、Instagram、YoutubeでCM映像をブランディング目的として活用しています

複数のプラットフォームで動画を配信することでよりユーザーの日常に入り込む事ができ認知の拡大に繋がります。また「購入」のフェーズでも動画は有効です。長い動画よりも短く訴求ポイントをしぼった方がユーザーの購買欲を高めることができ、クリックに繋がります。

ユーザーに「ささる動画広告」とは

最近では「いかにも広告」という動画よりもフィードに馴染むいい意味での「素人感」のある動画のほうがコンバージョンしやすいとFacebookでも発表されています。

モデルさんを使って撮影して動画編集 を外注するとなると時間とコストがかかりますよね。

弊社でも中小企業のクライアントさんも多く、動画クリエイティブをコストをかけずに作る方法はないかよく相談を受けます。

有名なモデルさんを使わなくても「購入」までユーザーを誘導できる動画は自社でも簡単に作れます。

SNS広告動画作成についてはこちらから↓

marketing.zeroxeed.co.jp

プロが作る動画を目指すのではなく、フィードに馴染むユーザー目線の動画はアイディア次第でいかようにもなります。

ターゲット層に応じた動画クリエイティブ

ブランディング目的の場合はブランドストーリーを重視し、できるだけたくさんのユーザーに広告をみてもらう必要があるため誰にでも好感を持たれる動画クリエイティブを目指します。

コンバージョン目的の場合はターゲット層に応じたクリエイティブ動画が必要となります。

10代女性がいいと思う動画と30代女性がいいと思う動画は違いますよね。

例えば化粧品の商材の場合

・10代女性には最初の3秒で可愛いと思わせる動画

・30代女性には成分の安全性や効果をしっかりと伝える動画

上記のように年齢だけをとっても全く訴求ポイントは変わります。

まずは動画を作成する前に

・広告をどのターゲット層に配信するか

・訴求ポイントは何か

上記を仮説立てしてから動画作成に取り組むとコンバージョン率も変わってきますし、動画作成に時間とお金をかけずにPDCAを高速で回すことが可能になります。

大企業も中小企業も関係なく今はビジネスをアイディア次第で伸ばしていく事が可能です。敬遠されがちな動画広告も今がチャンスです!

最適なSNSプラットフォームの選定

日本で主要動画SNSプラットフォームはFacebook,Instagram,Twitter,Youtube,LINEになります。

プラットフォームごとにメリット・デメリットが全く異なってきますのでプラットフォームの選定もかなり大事になってきます。

動画広告に最適なプラットフォームの選定方法はこちらから↓

marketing.zeroxeed.co.jp

まとめ 

動画広告にはテレビCMのような高いクオリティが必要だと敬遠されがちですが仮説立てをしっかりとし、ターゲット層と訴求ポイントがしっかりと合った動画であれば高い費用をかけて外注しなくても効果を出すことは十分に可能です。

動画クリエイティブの多様性が高まっている今、うまく活用して他社と差をつけていきましょう。

動画クリエイティブ、SNS運用のご相談はこちらまで👇 

docs.google.com