Pinterest(ピンタレスト)とは?使い方と企業での活用法を紹介【保存版】

f:id:zeroxeed-marketing:20180718151007j:plain

みなさま、こんにちは!今回は『ピンタレスト』についてお話したいと思います。
ピンタレストの基礎知識からビジネスでの活用法などシリーズでお送りします! 

<目次>

Pinterest(ピンタレスト)って何? 

Pinterest(ピンタレスト)では自分の興味あるカテゴリーから好きな写真や画像を自分専用のボードにピン止めして、カテゴリー分けすることができます。また画像をクリックすると画像元のサイトに飛ぶことができるのでブックマークの役割も果たします。
例えば旅行で「どこに行こう?」「どのレストランがいいだろう?」と考える際の大きな判断材料となるのが画像ですよね。この絶景はどこ?これ、美味しそう!と思った写真をクリックすると詳細情報を得られるのでその際にピンタレストが便利です。いわば、ビジュアル型の検索エンジンです。Pinterestで画像を保存する方法は「ピン」と「リピン」の2種類があります。

ピンとは

ピンとは外部のWebサイト、ホームページ、ブログなどに掲載された写真や動画をPinterestに貼り付けることです。Web上の写真・動画をPin(ピン)する方法としてはGoogleクロームの拡張機能「Pinterest 保存ボタン」などがあります。
ピンしたい(ピンタレストに保存したい)画像を見つけた際にPinterest 保存ボタンをクリックするだけでボードに保存することができます。お気に入りの画像をピンタレスト上に保存するという事です。サイトのURLも同時に保存されるので詳細を確認したい際にもすぐにサイトへ飛べるので便利です。

f:id:zeroxeed-marketing:20180822234256p:plain

 

ピン活用例

①作ってみたいレシピを集める

f:id:zeroxeed-marketing:20180718154248j:plain

 

②DIY・ハンドメイドのアイデアを集める

f:id:zeroxeed-marketing:20180718154826j:plain

 

③記事をブックマークしておいて後で読む

f:id:zeroxeed-marketing:20180718155011j:plain

 

④パーティーのアイデアを保存する

f:id:zeroxeed-marketing:20180718155242j:plain

 

リピンとは

Pinterest上の他のユーザーのPin(ピン)画像を自分のボードにとめることです。リピンはアイディアを集める際に役立ちます。Pinterestの検索画面から自分が検索したいワードを検索すると検索結果に他のユーザーがピンした画像が表示されます。

「インテリア」で検索した場合、以下の様に表示されます。

f:id:zeroxeed-marketing:20180910143515j:plain

 

自分の気に入った画像をクリックし、ボードに「保存」します。

f:id:zeroxeed-marketing:20180910143934j:plain

Pinterestこその機能!ズームイン検索とは

Pinterestで画像を集めていると、自分の好きなものがだんだんとしぼられてくるので「画像のこのクッションが気になる」「このカバンに似たものを探したい」とピンポイントで探したいものが出てきます。その際にズームイン機能が役立ちます。

例えば下の画像のクッションに似たものを探したい場合、まずは右下の四角をクリックします。

f:id:zeroxeed-marketing:20180910150419j:plain

 

次に選択範囲を定めます。この場合はクッションですね。そうすると下に「ズームイン検索結果」が表示され、ここから類似商品を確認することができます。

f:id:zeroxeed-marketing:20180910150512p:plain

 

 

ピンタレストとインスタグラムはどう違うの?

インスタグラムとピンタレストで何が違うのか疑問を持っている方はたくさんいますよね。ピンタレストとインスタグラムを一言で表現するならば、

・ピンタレスト→オシャレで情報量が多く、アイディアの発見ができる。
・インスタグラム→アカウントやタグをフォローし、日常の発見ができる。

ピンタレストでは「今日の献立はどうしよう」とか「何を着て出かけようか」といった日々の小さな悩みごとから、家のリフォームやウエディングのテーブルコーディネートなど大きなイベントの際にも検索ツールとして利用されています。インスタグラムにもハッシュタグ検索がありますが、関係のないポストまで表示されることがよくあります。その点ピンタレストでは、欲しい情報をしっかりとキャッチできます。漠然と「何がいいだろう?」と思った際は、
まずピンタレストで情報収集→これいいな→インスタグラムで口コミ確認
この流れでの情報収集がおすすめです。

 

ピンタレスト企業活用事例

大手ファッションECでの事例

[.st]
25ブランドにわたるアパレルを取り扱う大手ファッションECの[.st]f:id:zeroxeed-marketing:20180718163705p:plain

[.st](ドットエステイ)では、人気6ブランドの春の新作アイテムを用いたファッションスタイルをアイテムタグピンで紹介し、ピンタレストを各ブランドのルックブックとして活用しています。

f:id:zeroxeed-marketing:20180718164718p:plain

ブランドごとにボードを作成することで情報を整理し、ユーザーやブランドのファンが見つけやすい工夫がしてあります。

f:id:zeroxeed-marketing:20180718164356p:plain

コーディネートをピンすることによりピンタレスト上で簡単にカタログを作成できます。

f:id:zeroxeed-marketing:20180718165239p:plain

ユーザーがお気に入りのアイテムを見つけたらその着用アイテムをワンクリックでECサイトに遷移して購入することもできます。

高級インテリアブランドでの事例

カッシーナ・イクスシー

f:id:zeroxeed-marketing:20180718170505p:plain

高級インテリアブランドのカッシーナ・イクスシーでは、新作家具の展示に合わせて、その家具を用いたインテリアコーディネート例や、商品の世界観を表したピンをアイテムタグとともに Pinterest 上で紹介しています。カッシーナ・イクスシーの青山本店を訪れると、店内のディスプレイで目にする家具の実際のコーディネート参考例や、商品に込められた世界観を表現した Pinterest ボードへの導線となるPOPが置かれており、カッシーナ・イクスシーのラグジュアリーなスタイルを実店舗だけならず、Pinterest 上でも体感できるようになっています。

 

日本企業もピンタレストに参入しない手はない!

まだまだピンタレストの日本での認知度は低いですが、海外企業はしっかりとピンタレストをビジネスに活用しています。まだ日本での参入企業が少ないからこそピンタレスト導入は今がチャンスです。
新しい機能も続々とリリースされており、さらなるビッグウェーブが来る予感です!次回は具体的にビジネスに生かす方法をご紹介したいと思います!

 

ピンタレスト関連こちらの記事もおすすめ👇

marketing.zeroxeed.co.jp

marketing.zeroxeed.co.jp

marketing.zeroxeed.co.jp